ホテル生活を楽しむにはマイルも必要でしょ

    No Fightです。No Flightではありません。飛行機には乗りますので。

PVアクセスランキング にほんブログ村

【英会話】海外旅行で困らないように勉強してます。赤字で加筆しました。接尾辞ableのつく形容詞① ビジネス英語にもちょっと触れてみます。

 ノーファイトです。

 

 今日は英会話の話です。

 

 タイトルのビジネス英語に行くまで少し引っ張ります。

 

ableは受け身(受動)

  

 形容詞にableがつくものがありますよね。

 

 そもそも be able to という形で、ableは使います。

 

 そして、語尾にableがつく形容詞もありますよね。たとえば、forgettableです。

 

   しかし困ったことに、語幹部分forget(忘れる)は同じなのに、語尾が違う形容詞もあります。forgetfulです。

 

 私などは、意味の違いを受験生のときに暗記しました。

 

 forgettable  印象に残らない

 forgetful     忘れっぽい

 

  面倒くさいですよね。

 

 こういうのもあります。

 

  respectable  立派な

       respectful 丁寧な

 

 泣きそうになります。

 

 しかし、ableの核となるイメージをつかむと、暗記すべきことが劇的に減ります。

 

 ableの核となるイメージのその1は「可能」ですよね。先にあげた be able to がまさにそれです。portable 持ち運びができるなどはそれです。これはたぶん、英語ネイティブでない日本人にもイメージされているでしょう。

 

forgetから派生した形容詞

 

 しかし、英語ネイティブでない日本人にとって重要なのは、つまりほとんど知られていないのはイメージのその2です。それは「受け身(受動)」です。さっきあげた例で説明します。

 丸暗記は以下のようでした。   

forgettable  印象に残らない

forgetful     忘れっぽい

 

 しかし、ableは「受け身(受動)」と覚えると、次のように脳に染みこんでくるはずです。

 たとえば、He is forgettable.という表現を見たり、聞いたりしたとします。

 

 forget は「忘れる」・・・これは中学校で習います

 forgettable は 受け身のがableがついているので「忘れられる」

 

   He is forgettable

 

 彼は忘れられる → 彼は忘れられやすい → 彼は印象に残らない

 

 という風にイメージできます。文脈によっては、思い切って「彼は存在感がない」と訳してもいいでしょう。

 

 それでは、もう一つのforgetfulはどうなるでしょう? ableが「受け身(受動)」ということですので、それ以外の語尾、ここではfulは思い切って「能動」と理解しましょう。

   

   He is forgetful.

 

   彼は忘れる → 彼は忘れっぽい 

 

respectから派生した形容詞

  動詞respect から派生する形容詞は次のようでした。

 

 respectable  立派な

    respectful 丁寧な

 

 これも ableは受け身(受動)、それ以外の語尾は「能動」ということで理解できます。

   She is respectable.

 

 respect は尊敬する。ほとんど日本語になってます。

   respectable は 受け身のがableがついているので「尊敬される」

 

   She is respectable.

 

 彼女は尊敬される。 → 彼女は尊敬される人である。 → 彼女は立派だ。 

 

   She is respectful.

 

 respectful には 能動のful がついています。

 

 彼女は’(他人を)尊敬する。  → 彼女は(他人を)尊重する。→ 彼女は丁寧だ。彼女は親切だ。

 

 いかがでしょうか? ableは「受け身」という理解は使えそうだと思いませんか?

 

その他

 

 あと二つだけ追加します。

 

envy (嫉妬する)

 enviable 嫉妬される → 嫉妬されるくらいに素晴らしい (She is enviable.)

 Lady Gaga is enviable.  レディガガを褒めてます。 

 

 envious  嫉妬する →  嫉妬しやすい 嫉妬深い (She is envious.)

 Lady Gaga is envious. レディガガを貶しています。

 

 enbiableとennviosの感じは真逆です。使い方を間違えると取り返しのつかないことになります。そんな重要な違いを丸暗記で対処しようとすると、大やけどします。ableは受け身、この感覚を身につけると事故は減ると思います。

 

regret (後悔する)

 regrettable   後悔される →  残念な  (An outcome is regrettable)

 regretful 後悔する → 残念に思っている (He is regretful for the result)  

 

 短くて良いので、例文を作って口ずさむと、頭に染みこみやすいと思います。

 

 

 さて、いよいよ形容詞にまつわるビジネス英語の話に移りたいのですが、申し訳ありませんが、次回送りにさせてください。

 

   

  

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょびリッチの登録はここから サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ハピタスの登録はここかから その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ゲットマネーーの登録はここから お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!